にいがた文化の記憶

企画展示

トップ > 展示のご案内

企画展示

開催中

2018/04/27~2018/06/24

平成30年度 子どもと夢の世界 ~日本のアンデルセン・小川未明、日本童画の父・川上四郎~

第34回 国民文化祭・にいがた2019
第19回 全国障害者芸術・文化祭にいがた大会 プレイベント

 新潟県内各地には、古くからの民話が多く残っている。このことは、新潟に「語りの文化」が深く根付いていることを示しています。
 近代に入り、子ども向けの文学が「おとぎ話」から「童話」に変化する過程で重要な人物が、「日本のアンデルセン」と呼ばれる上越市出身の小川未明(1882~1961年)です。未明は44歳のとき、「自分は何時までも子どもでありたい。たとへ子供でゐることが出来なくても、子供のやうに楽しい感情と、若やかな空想とをいつまでも持つてゐたい」と宣言し、生涯を童話作家として捧げる決心をして多くの作品を残しました。
 未明が作品を発表した児童雑誌では、童画という新しいジャンルの絵も隆盛しました。そこで活躍したのが、長岡市出身の画家・川上四郎(1889~1983年)です。川上は東京美術学校(現東京藝大)で藤島武二に師事し、卒業後は中学校教師を経て、児童雑誌で活躍する童画界の第一人者となりました。戦争中、湯沢町に疎開して以来、永住の地と定め、豊かな自然の中で童画を描き続けました。
 現在、子どものための文学は児童文学と呼ばれ、ティーンズノベル、ライトノベルなど近接する分野が広がっている。またこうしたジャンルから直木賞作家を輩出するなど、一般小説との垣根もなくなりつつある。こうした文化の源でもある新潟の語りの文化を見直し、新潟人が作り出した児童文学、童画の「夢の世界」をお楽しみください。

主  催:にいがた文化の記憶館、公益財団法人新潟県文化振興財団、新潟日報社
共  催:新潟日報美術振興財団、NST、BSN新潟放送
後  援:新潟県
協力企業:田村紙商事株式会社
協  力:小川未明文学館(上越市)、新発田市・蕗谷虹児記念館、湯沢町教育委員会、湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」

チラシ「子どもと夢の世界」

開催予定

2018/07/06~2018/09/02

平成30年度 佐渡の能楽と世阿弥 吉田東伍の世阿弥発見

佐渡に伝わる能楽の歴史を紹介します。
・佐渡の能楽の元祖=佐渡宝生
・佐渡に配流された世阿弥
・世阿弥を発見し、能楽研究の礎を築いた吉田東伍

No Image

2018/09/14~2018/11/11

平成30年度 日本近代化のパイオニア ―前島密・大倉喜八郎・市島謙吉・石塚三郎―

明治時代、各分野で先駆的な活動をした新潟人を紹介します。
・情報化社会のパイオニア=前島密
・日本初の私立美術館「大倉集古館」設立=大倉喜八郎
・図書館近代化の父=市島謙吉
・歯科医師会近代化の父=石塚三郎

No Image

2018/11/23~2019/01/20

平成30年度 文学世界の広がり 新潟の作家たち

純文学から詩歌、大衆文学まで幅広く活躍した新潟出身またはゆかりの作家を紹介します。

No Image

2019/02/01~2019/03/17

平成30年度 良寛再発見

明治中期に、近代的視点から禅僧良寛の真価を発見した新潟人の業績を紹介します。

No Image
このページのトップへ