にいがた文化の記憶

企画展示

トップ > 展示のご案内

企画展示

開催中

2019/04/02~2019/05/26

2019年度 マンガとはナンダ 児童マンガの世界から

第34回 国民文化祭・にいがた2019 第19回 全国障害者芸術・文化祭にいがた大会 応援事業

 マンガとアニメはいまや、クール・ジャパンの日本を代表する情報産業の一つになっています。戦前・戦後に子どものものだったマンガは、雑誌の隆盛とその後の映画やテレビの映像技術の発展により、子供だけのものではなくなりました。大人向けの恋愛ものや、内外の歴史や時事問題を背景においた作品、さらには日本経済を解説する“学術的“分野まで拡張しております。
 本展では、平安期の鳥羽僧正作とされる《鳥獣人物戯画》から江戸期の北斎漫画、そして太平洋戦争前後の田川水泡の『のらくろ』、さらに昭和期の手塚治虫の『鉄腕アトム』というマンガの歴史を概観し、この潮流のなかに新潟県ゆかりのマンガ家が活躍しており、その代表者として寺田ヒロオ、赤塚不二夫らの作家とその作品を紹介します。

主  催 / にいがた文化の記憶館、新潟日報社
共  催 / 新潟日報美術振興財団、NST、BSN新潟放送
協力企業 / 田村紙商事株式会社
協  力 / 新潟市マンガ・アニメ情報館、新潟市マンガの家、にいがたマンガ大賞実行委員会、
      寺田ヒロオ研究会、新潟市潟東歴史民俗資料館、新潟市立中央図書館、
      新潟県立新潟中央高等学校、新潟県立新発田高等学校同窓会、新潟市歴史博物館、
      新潟市美術館、新潟かみしばいクラブ

■ 紹介している新潟のマンガ家
 寺田ヒロオ、赤塚不二夫、聖悠紀、魔夜峰央、小林まこと、近藤ようこ、高野文子、安田弘之など

「マンガとはナンダ」

開催予定

2019/06/08~2019/08/25

2019年度 にいがたの映画人

第34回 国民文化祭・にいがた2019 第19回 全国障害者芸術・文化祭にいがた大会 プレイベント 戦後、東映と東映動画を創立した大川博(新潟市出身)は映画の娯楽化を目指しました。本展は2部構成で、にいがたの映画人を紹介します。

No Image

2019/09/10~2019/12/01

2019年度 近代医学のパイオニア

第34回 国民文化祭・にいがた2019 第19回 全国障害者芸術・文化祭にいがた大会 明治時代、ドイツ式の医学教育が確立し、医学教育制度の整備が進められていくなかで、先駆的な活動をした新潟県人を紹介します。

No Image

2019/12/20~2020/03/15

2019年度 新潟の米と酒

ユネスコの無形文化遺産となった「和食」。その基本を成すのは米です。本展では新潟の米と酒を食文化とともに紹介します。

No Image
このページのトップへ